スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後・・・

学校不信になってしまった私。

パパは「やったと思う」って言うのよ。
故意じゃなくてもバランス悪いから、よろけたりするから。
小さな子なら倒れるだろうし・・・


そのことを、実家の母あーちゃんに相談。

やっぱり あーちゃんも
「テッタボは叩く子じゃない」って言う。
パパと同じ、よろけたんじゃないかって。。。

そんなことを電話で話していたら、それを聞いてたテッタボが・・・
「テッタボ叩いてないよ!! 叩いてない!!」
と、怒り出した。







夜、テッタボと話をしていると・・・
「小学校、楽しみだね!」
「楽しそうじゃない!!テッタボ叩いてない!!」


学校嫌いになってしまった。。。

テッタボと みぃぼん。




それなりに教育&サポートされないのなら、
養護学校も考えるべきなのか・・・


教務主任の
「そんなに心配ですか?」

この言葉が妙に引っかかる。。。


スポンサーサイト

入学説明会

今日は入学説明会。
子供と一緒にって事だったので、パパにも休みをとってもらい
家族で行ってきました。


まず受付。
テッタボは入学児検診をこっちでは受けていないので、
受付後、身長を測りました。
130.8センチ、また大きくなってる

そして案内された体育館へ。
子供は体育館で1年生と過ごしました。

親は特別教室へ。
ここで校長・教務主任・現1年主任と子ども会など…お話を聞きました。


通学班別に集まり、給食が始まるまでのお迎え当番を決めて・・・

ご近所さんも居て、ちょっと安心(?)。



少し教務主任と個別にお話をしてきました。

入学してからのこと・・・
ここの学校の支援級は、まず普通級のクラスで荷物の片付け。
その後、必要教科の荷物を持って支援級へ自分で行くそうだ。

ここで私の不安。
自分で支援級のクラスまで行かれるの?慣れるまで連れて行くか、迎えに来ないの?
ってゆーか、下駄箱からクラスまで行かれるの???

今の子たちは行かれているそうです。

そんな疑問をぶつけていると・・・
「そんなに心配ですか?」って教務主任。

心配だから聞いてるの!!

担任になる先生も誰がなるかわからないって・・・
経験のない人がなることもあるって・・・

ますます心配に。。。


「何かあれば学校側がサポートしますよ」
ぐらい言ってもらえれば、少しは安心するのに。。。



この説明会で終始言われていたのが
「学校をしつけの場所にしないで下さい。」
「入学前に学校嫌いにさせないで下さい。」
「学校を恐怖の場所としないで下さい。」
この言葉。



不安たっぷりで帰ることになった みぃぼん。
昇降口で後ろから呼び止められることに・・・


説明会で話をしてた現1年担当主任と体育館にいた先生。

その主任が言うには・・・・

テッタボに付いた1年生はテッタボより小さい子だった。
興奮してたのか、テッタボがその1年生のお腹をパンチした。
1年生、とても痛がっていて私も心配だから、今から電話をしてみる。

そんなことを言われました。

正直、私はテッタボがそんなことするの?
って思いながら・・・
夫婦2人で頭を下げた。


帰り道、テッタボに聞いてみる。
「テッタボ、叩いちゃったの?パンチしちゃったの?」

テッタボは「してないよ!」

「ホントにしてないの?」

「してないよ!」

「じゃあ、ママはテッタボのこと信じるよ。」



テッタボをご存知の方なら、むやみに叩くタイプじゃない事理解してもらえると思います。


そんなテッタボが叩いたって・・・信じられないんだよね。



なんか・・・入学前から学校嫌いになるのは 私かもしれない。。。



小学校家族で見学

教育課の方と、学区の小学校の支援級を見学してきました。

支援級は『あおぞら学級』と呼ばれ、『あおぞら1組(情緒)』、『あおぞら2組(知的)』がありました。

1組には2名の生徒。
4年・2年の男の子。

2組にはたくさんの生徒。
2年~6年の男女。

来年度は知的クラスが増えて、3クラス編成となるそうです。



学期途中でも支援級への移動・普通学級への移動が可能だそうで・・・



相談した結果、親の希望として、
入学当初は普通級に属して生活。
本格的な授業が始まってからは支援級で。
出来る限り普通級で・・・ってことでお願いをしてきました。


まずは友達作りなんだと思います。
テッタボを知ってくれる子を・・・
学力はくもんでも家でもできます。
でも、学校の友達は学校じゃないと出来ないので。。。


就学指導委員会

就学指導委員会の面談日。

春にはテッタボも小学生になります


わが家は色々悩みましたが、スタートは『発達支援学級』からにしました。
『普通級』からとも思った時期だってありますよ~。

たぶん…発達障がいの子供をもつ親なら、ほとんどの人が悩む『普通級』『支援級』の選択。


でも、わが家は「この先生にテッタボを預けたい」と思える先生に出会えたので、支援級からスタートすることとしました。


不安はイッパイあります。
支援級を選択することで、テッタボの学力を低下させてしまわないか…とかね!


テッタボがお世話になる学級の先生と話してて…
就学指導委員の方が幼稚園に見学に行っての報告書でも『自閉傾向のある児童』って事でチェックも入っていたそうです。
幼稚園にはあえてテッタボの『自閉傾向』の事は伝えていないので…見る人が見たら分かるんだなぁ。。。って感心しちゃったわぁ~


私たちが話をしている間テッタボは、初めて見るどこかの支援級の男の先生と簡単な読み・書きや、質問に答えていましたぁ~



ブログ ランキング参加中

ココをクリックしてね

学校見学

パパと一緒に学校見学。

テッタボが来年度入学予定の小学校。
入学予定の発達支援級を見学です。

以前、あさひ学園の親の会で支援級は見学に行ったので、
みぃぼんは なんとなく 流れは頭に入っていますが・・・
パパは初めての見学です。


ここの発達支援級は今年度新設されたばかり。
現在は・・・
3年生女子 3人
5年生男子 1人
1クラスです。

先生は、支援級や養護学校を回ってきたベテラン先生。



とっても、子供たちのことを理解しててくれて・・・
改めて納得した言葉が・・・
『義務教育の9年間ではなく、義務教育が終わったところからが、この子たちのスタートなんだ。』
ってこと。


そうなんだよね。
自分で稼ぎ、生活できる人になって欲しいと・・・
私たちは思っているんだよね。
だから、義務教育が終わったところからが大変なんだよね。






ちょっと、この先生にテッタボを託してみようと・・・
思いました。
きっと、転勤&引越しになってしまうであろうけど・・・
この先生に基礎を作ってもらえたら・・・
テッタボは頑張れると思うんだ!







ブログ ランキング参加中

ココをクリックしてね


ときちゃんfamilyに来てくれたのは?
プロフィール

みぃぼん

Author:みぃぼん
ときちゃんfamily is...

みぃぼん♪・・・ 
  ショッピング大好き! 浪費家ちゃん。
管理人でもあります。

パパ☆・・・ 
  テレビ・競馬・パチンコ・麻雀大好き! 

テッタボ★・・・  
  知的障がい+自閉症児。ボーリング大好き!

あいちゃん♯・・・
  我が家のアイドル☆


*転勤族の我が家でした。

いくつになったの

*script by KT*
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。